シンシア動物病院_ブログ

アニコム損保

株式会社アイペット

各種カード

HOME>予防について

シンシア動物病院_予防について

はじめに

わんちゃん、ねこちゃんにも人と同じく、ワクチンなどにより予防できる病気があります。
予防をしない事により、動物の命に危険が及んでしまう事もあります。
当院では、以下の予防に関して推奨しています。
しっかりと予防してあげて、大切な家族である動物の 健康を守ってあげましょう。

狂犬病ワクチン(犬)

狂犬病予防法という法律でわんちゃんを飼っている飼主様に義務化されているワクチンです。

狂犬病とは、狂犬病ウイルスにより引き起こされるウイルス性疾患です。1957年以降、国内での動物の発症は認められていませんが、2006年にフィリピンから帰国された人での報告があります。
現在は、いつ海外からウイルスが侵入してもおかしくない状況です。もし、感染してしまうと治療法はありません。

シンシア動物病院_狂犬病ワクチン

混合ワクチン(犬・猫)

狂犬病とは異なり、流行する可能性のある病気を予防するためのワクチンです。
わんちゃん同士、ねこちゃん同士、環境から感染する可能性のある病気です。感染してしまうと治療が困難なものや最悪、命に危険が及ぶ病気もありますので、しっかりと予防接種をしてあげましょう。
また、子供の時と成長した後ではワクチンの接種回数に違いがあります。
詳しくはスタッフまでご質問下さい。

シンシア動物病院_混合ワクチン

フェラリア予防(犬・猫)

犬フィラリア症は、蚊が媒介する犬フィラリア(犬糸状虫、犬心臓糸状虫)という寄生虫が、犬の血管や心臓に寄生して起こる病気です。
犬フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が出現します。放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です。
フィラリアに感染しているわんちゃんを吸血した蚊が、別のわんちゃんを刺すことで感染が広がります。この病気は犬フィラリア症予防薬(経口剤)を、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させることにより予防できます。

犬フィラリア症は、きちんと投薬すれば予防できる病気です。 最近になってこの寄生虫は犬だけでなく、猫にも寄生し、大きな脅威を与えていることがわかってきました。そして、猫の場合は犬とは異なり、主に肺に障害を起こすといわれています。 フィラリアは蚊が媒介するので、フィラリア症は蚊の多い日本では、動物達にとって、もっとも重要な病気の一つです。

予防薬を処方するにあたって注意事項がございますので、詳しくはスタッフまでご質問下さい。

シンシア動物病院_フェラリア予防

ノミ・ダニ予防(犬・猫)

ノミやマダニが寄生(咬んで血を吸う)する事により動物達はかゆみや貧血などの症状を呈しますが、それよりも怖いのが病原体を運んできてしまい、他の感染症の原因になることです。
ノミ・ダニは人にも感染します。さらに、運ばれてきた病原体による感染症の中には、人にも移るものがあります。
最近では家庭内で飼うことが多くなってきた動物達ですが、動物達だけでなく飼い主様の健康を守るためにも予防は是非行ってください。

シンシア動物病院_ノミ・ダニ予防

寄生虫予防(犬・猫)

寄生虫が感染することにより、動物の健康は害されます。
また、わんちゃん、ねこちゃんに感染する寄生虫の中には人にも寄生する寄生虫がいます(人獣共通感染症:ズーノーシス)。
近年、家族の一員として人と動物達の関係がますます身近になり、感染の危険性も高まっています。きちんと予防すれば感染は防げます。
人と動物達、家族の健康を守ってあげましょう。

シンシア動物病院_フェラリア予防