Exotic Animal:Bird
鳥類のよくある症状や病気

オウム類の嘴・羽毛病

Psittacine Beak and Feather Disease:PBFD 

最小のウイルスの一つであるサーコウイルスが原因で、
羽毛障害や脱羽を引き起こし、末期には免疫不全を引き起こす恐ろしい病気です。

さらに厄介なことに、非常に感染力が強く、環境中にも長期間生存可能で、多くの消毒薬に抵抗性を示します。
3歳齢以下の多くのインコ・オウム類に感染する可能性がありますが、鳥種によって感受性が異なります。
感受性が高い鳥種 セキセイインコ、ヨウム、バタン、ラブバードなど
感受性が低い鳥種 オカメインコ
【症状】
・脂粉の減少
・脱羽、羽毛障害(羽軸内血液凝固、未成長羽など)
・嘴の異常(主に大型種)
・赤色羽毛(ヨウム)
・免疫抑制による易感染
羽軸内血液残留(セキセイインコ)
赤色羽毛と正羽の脱羽(ヨウム)
【診断】
確定診断は遺伝子検査(PCR)によるウイルスの検出になります。
当院では、お迎えしたばかりの幼鳥や若鳥の健康診断でPBFDの遺伝子検査をおすすめしています。

【治療・予後】
残念ながら、今のところPBFDの有効な治療法は確立されておらず、
大型種が発症した場合は予後不良です。

しかし、早期に発見し、免疫力を上げる治療をすることで、
セキセイインコでは陰性化することが報告されています。